「日タイ交流美術展覧会」訪タイ速報~日本美術家、タイ王国インラック首相から歓迎!!

2013年11月21日から始まった「日タイ交流美術展覧会」は日ASEAN協力40周年記念事業として、同月27日までタイ国立シラパコーン大学アートセンター・サナムチャンドラ・アートギャラリーにて開催されている。
初日にはタイ王族チャトリチャラーム・ユコン王子のご来臨とタイ首相府、在タイ日本国大使館からも開会式列席を頂き、日本からは23名の美術家が参列した。
この度の美術展開催に伴い、同月22日には首相府からの招待によって、WAC関係者と日本美術家はタイ王国インラック・シナワトラ総理大臣の歓迎を受けた(下 写真3枚)。この模様はタイ国内テレビ局によって同日夜早々に報道されている。

_MG_5942.jpg

_MG_5951.jpg

 

_MG_5977.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  赤尾信敏 WAC最高顧問が日本美術家を代表してインラック首相と会談した。


尚、インラック首相のFacebook、タイ王国首相府公式HPにも報じられている。

インラック首相Facebook
URL: https://www.facebook.com/media/set/?set=a.666074483437010.1073742791.105044319540032&type=1

タイ王国首相府公式HP
URL: http://www.thaigov.go.th/en/new-photos/221113_tro2.html

展覧会に関する報告は後日報告予定。